SDGsへの取り組み

SDGsは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」の略で、社会が抱えている問題を解決して世界全体で2030年を目指して明るい未来を作ることを目標とされています。2015年9月に国連で採決されており、先進国だけでなく発展途上国を含めたすべての国が対象です。

経済・社会・環境の三方良しを目指しており、17の目標と169項目のターゲット(達成基準)が設定されています。SDGsの持続可能な開発とは、将来世代のニーズを損なわずに開発していくことを指しています。その中には環境問題や社会問題も含まれています。

業務改善の取り組み

社内提案制度

各部署で実施または計画している改善を社内に対して報告し、上司や社長がその改善に対して評価を行い、その内容に応じて報酬が出る制度です。

従業員は所定の書式に改善内容(予定含む)を記入し、総務へ提出します。
社内提案制度は誰でも提出ができ、1件提出につき一律の報酬が支払われます。

現場作業者の方でも自分の思いついた意見を言え、場合によっては実行に移したりと、比較的取り組みやすいという点で現場にスピード感が生まれ、別の社員にも「自分で職場を良くしていこう!」という自覚が生まれ、自発的に行動できる空気を作り出す効果があります。

当社ではこの取り組みを2004年より実施しています。

環境への取り組み

省エネルギー推進

工場内照明のLED化

本社工場、第一工場ともに工場内水銀灯を全廃し、省電力となるLED照明へ取替を行いました。

休憩中の消灯徹底

昼休み中は積極的な消灯を実施しています。

リモート会議の導入

移動に伴い発生するCO2削減ができるというエコの観点と、新型コロナ完成少対策のためにリモート会議を導入・推進しております。
感染予防のため、お客様、取引先への訪問は出来る限りリモート会議を実施しております。
部署毎に取り組めるよう、必要部署に対してMicrosoftのタブレットPCを3台導入しました。

定期健康診断の実施

雇用時及び定期的に(年1回)健康診断を実施しております。(全社員対象)

健康診断項目

・既往歴および業務歴の調査
・自覚症状および他覚症状の有無の調査
・身長、体重、体格指数(BMI)、腹囲、視力および聴力の検査
・胸部エックス線検査および喀痰(かくたん)検査
・血圧の測定
・尿検査(尿中の糖および蛋白の有無の検査)
・貧血検査(赤血球数、血色素量)
・肝機能検査(AST[GOT]、ALT[GPT]、γ-GTP)
・血中脂質検査(HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪)
・血糖検査(血糖またはヘモグロビン A1C)
・心電図検査

主催:ぎふ綜合健診センター

特定保健指導の実施

保健師による保険指導 対象者に対し実施